日本人で英語が喋れない人、なんでフォニックスやらないの? | Can't speak English? why don't you try phonics?

海外を放浪していると、毎日英語で喋ります。

 

日本人=英語できない

特に、英語が母国語でない人たちですが、私がさささーと込み入った話を英語でしていると

日本人なのになんでそんなに英語が上手いの?」

「どうやって勉強したの?」と聞かれることが多いです。

 

英語は20代後半から

私は20代に入るまで海外にはほとんど縁がなく、超・後天的に勉強したタイプ。しかもインド在住が長いため、インド英語+日本語英語的な発音だし、通じればいいので無理矢理な言い回しもします。完璧ではありません。

インドではまかり通っているけれど、英語的には間違っているインド英語のことをインディアニズム Indianismって言います。

例えば、discuss about(aboutは要らない)、give exam(take exam)、last last year(the year before last)など。意味は通じるんですけど。

むしろ通じやすいので、私はインド人に対してはワザと使ったりします。

 

28歳から勉強しました

そんな私がこんな風に褒められる(?)ということは、それほど日本人の英語力が低いのが世界的に有名なんだな、と思います。それにしても日本人なのにって、超失礼です。

 

28歳のときにインド留学して、その日からいきなり、授業は英語かベンガル語、先生の話をノートに英語で取ることに。さらにエッセイ、試験、修士論文すべて英語でやりました。

それまでは、通常の日本の義務教育の英語学習をしてきて、音楽活動や旅行で海外に行くとき日常会話を話すレベル。

音楽、特にR&Bやラップの英語リリックの聞き取りや、映画を英語字幕で観ていたおかげか、一緒に旅行した英語が苦手な日本人を助けてあげられる、普通よりほんの少しマシな程度でした。

 

手書きがキレイすぎ、インド人

今の若い世代はわかりませんが、私と同年代のインド人って、小さい頃から義務教育でひたすら書き取りをやらされたらしいです。コピー機やパソコンが日本のように普及していない(いなかった)という理由もあると思います。

みんなのノートを見せてもらったら、どこのカリグラファーか?日本で言ったら、書道家か?というくらい英語と母国語のハンドライティングが上手くて衝撃でした。ぱぱっとメモで書いた筆記体が、芸術レベル。

 

ワタシ的に学校イチのカリグラファー、Bob Banerjeeくんのノート。ffと並ぶところ、美しすぎます。dの縦棒が上に弧を描くのも良い(べた褒め)。彼はタブラも上手いけどね。

クラスメイトのノート!

クラスメイトのノート!

やっすいインドのどこにでも売っているCelloという、10ルピー(約17円)のボールペンで書いてます。なのに万年筆を使ったように太いところと細いところ、強弱が表現されていて、これはアート。

 

英語でノートを取る

英語で言われたことを、その場でノートに英語で取っていくって、かなり勉強をして、しかも書き慣れていないと難しいです。

・前提条件として筆記体が書けなければ、話のスピードについていけません。

・すべてのスペルが完璧に頭に入っていないと、手を動かすことなんて絶対!無理です。

 

舞台は、ラップトップやスマホを使うなんてもっての外、という雰囲気の、2012年のインドの田舎の大学。

プラス、伝統を重んじるインド古典音楽を教える音楽学部!

ベンガル語のノートも美しい

ベンガル語のノートも美しい

 

どうやって勉強したか?

英語は、タブラの練習、大学院での勉強、ベンガル語会話の勉強も全部同時にやりながら、基本的には独学しました。

いろいろなやり方を試してここまできたんですが、すごく役に立ったもののひとつが、フォニックス Phonics。

ざっくりと言うと、英語の文字と音を結びつけるルールです。
 
日本語の文字である平仮名は、その名前と音が一致します。
「あ」であれば、名前は「あ」ですし、その音(発音)も「あ」です。
 
その一方で英語の文字であるアルファベットは、その名前と発音が異なります。
Aは「えぃ」という名前ですが、発音は「え」や「あ」に似た音です。
 
この「アルファベットの文字をそれぞれどのように発音するのか」のルールがフォニックスです。
フォニックスを学ぶことにより、はじめて見る単語でも、単語を構成するアルファベットそれぞれの音から、その単語の発音がわかったり、発音を聞いて英語の文字になおすことができるようになります。

フォニックスって何?世界で最も有名なフォニックスの歌と論争 | ESL club

 

 

フォニックスで大体の英語的なスペリングのセンスを付けておけば、分からない単語を聞いたときもどんなアルファベットが使われているか、予想して辞書で調べることができます。

ただ例外も多く、あくまでセンスを養うためのトレーニングです。それでもこれを知っているのと知らないのとでは、学習の効率が格段に違ってくると思います。 

特に私のように、もうぶっつけ本番で、音楽の専門用語や、内耳の構造の講義をバンバン英語でされて、それをノートに取るという場面(そんな場面ない?)では大活躍です。

こっちの本はCDがありませんが、各アルファベットの発音の仕方、口の作り方や舌のポジションの説明が詳しくされていて、さらっと読むだけで発音良くなります。

聞くこと、話すこと

今はオンラインのレッスンや教材がたくさんあるので、本当にいい時代だと思います。インドに住んで、インド英語に苦しみながら英語を勉強する、という謎の遠回り修行をせずに済むなんて。。。

1レッスン25分でネイティブの先生とフリートークができるDMMなんて、海外行かなくても毎日やっていれば留学並みの効果があるのでは。

自分が話したいことを英語の文章にまとめておいて、添削してもらうという使い方が良いと思います。

私も最初は、自分が言いたいことやトピックを英語で大体調べておいて話す、というのが取っ掛かりになりました。必要なこと・好きなことを話すので忘れにくく、ボキャブラリーもどんどん増えます。 

 

日本で大人気のTOEIC

言わずもがなのTOEICや、移住や留学で使えるIELTSは、スコア目的というよりも勉強の道筋を立てるのに役立ちます。

自分になにが足りないのか、どんな学習をしたらいいのか、をテスト勉強に沿ってやると効率がいいです。

カリキュラムを組んでくれるスタディサプリも良さそう。

 

おすすめの記事